資金の調達スピードが早いファクタリング
2022年5月24日

医療向けのファクタリングの特徴とは何か

ファクタリングは本来、商取引に於いて売掛債権を売却して現金を先取りすることで企業のキャッシュフローを改善する目的で普及しているものです。商取引の現場に於いては商品を販売して代金は売買契約に基づき後日納入、といった方法をとることが通例で、帳簿上は売り上げが記録されます現金は後日の支払いとなるため、その間は現金が手元にない状態となり、その間に支払いなどで現金が不足すると不渡を起こし倒産する危険があるため、この対策として利用されているものです。しかし、商取引の場合には債務者が売掛金を支払えないリスクもあることから、その債務者の信用度により多額の手数料を差し引かれることでファクタリングで入手できる現金が少なくなってしまうと言ったデメリットが有ります。医療におけるファクタリングは基本的には患者が診療を受けた中の保険負担分を債権として行うため、債務者に相当する健康保険は支払えなくなるリスクが非常に少ないことから、その手数料が少なく、現金化出来る割合が高くなります。

また、健康保険がファクタリング会社にお金を支払った段階でキャッシュバックをゆけることができる制度もあり、主取引の場合に比べより現金化出来る割合が高いのが特徴です。但し、診療報酬債権の場合にはその支払いのタイミングが決まっているため、一般の商取引のように支払期限を変更して早期に現金を手に入れたりすることができず、ファクタリングを止めることが難しいのが欠点です。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です